地域の高齢者の方々の実態把握

 65歳以上のひとり暮らしの方や相談のあった方等について、定期的かつ必要に応じてご自宅を訪問したり、民生委員さんや地域の関係者の方と連携をとるなどの方法により、心配事や困っている様子がないかなどの把握に努めています。

地域や住民のみなさんとの連携

 地域でのたすけあい、身近な見守りや相談などの役割を担っている、民生委員さんや、福祉委員さん、自治会長さん、老人会や地区社会福祉協議会などの機関と随時連携し、地域の中で課題や不安を抱えた高齢者の方の情報を共有し、支援につなげたり、地域のさまざまな課題を共有し、一緒に取り組んでいけるよう、関係づくりに努めています。

地域ケア会議の開催

 住民の方々や、地域の関係機関や団体、サービス事業所の方々などが一堂に集まる場を設定し、地域の高齢者を見守る仕組みづくりや、地域で起こっている問題や課題に対する取り組み方などについて、知恵を出し合ったり、情報の交換や共有を図り、住みよい地域づくりのための連携を図る取り組みを行っています。

各種出前講座

 介護保険制度や高齢者の権利を守る仕組み、健康維持、認知症の予防や対応など、福祉や介護、健康についての情報や知識などについて、講話や説明に出向きます。

専門職同士の連携

 すでに介護や福祉のサービスを受けている方々でも、地域や在宅でより快適に暮らせるように、地域のケアマネージャーや介護福祉に関する事業所や機関との情報共有や互いの資質向上を目的とした会議や研修会を開催するなど、随時連携しています。